2018 企画展示


「ワイン産地にジオパーク」ボジョレー地区のアンモナイト

フランスのボジョレー地区といえば日本ではボジョレーヌゥーボオで知られた有名なワイン産地。この地方は2018年にユネスコの世界ジオパークに認定されました。実はアンモナイトをはじめとする化石の産地でもあることをご存じだったでしょうか?第27回東京ミネラルショーはボジョレー地区のアンモナイト博物館Espace Pierre Folleの協力を得て、この産地のアンモナイト化石を紹介します。



協力: Espace Pierre Folleアンモナイト博物館  ELDONIA古生物研究所


「ローマ時代の金属鉱山」コソボ共和国TREPCA MINE

中世のローマ時代から知られているトレプカ鉱床は金、銀、銅、鉛、亜鉛などのヨーロッパ最大の産出地域の一つでした。トレプカ鉱山は中世~近年まで長い紛争の歴史ののち、旧ユーゴスラビアから独立したコソボ共和国の管理下で現在も稼働中の鉱山です。この鉱山からはシャープな自形結晶の金属鉱物が多種類産出し、現在も世界中の鉱物収集家に大変な人気を得ています。第27回東京ミネラルショーではトレプカ鉱山の紹介と、この鉱山から産出した見事な鉱物標本のコレクションを一同に展示いたします。展示標本は販売品なのでコレクター必見です。




協力: Zoic Srl